2017年06月29日

燕さんお帰りなさい!(^^)!

DSC_0003.JPG つばめ.JPG

今年もりゅじん枚方事務所の軒下に、燕(つばめ)の夫婦がやってきました黒ハート
例年に比べ巣づくりが遅れて心配もうやだ〜(悲しい顔)していましたが、夫婦で交代しながら仲良く卵を温め、
無事に雛が産まれました晴れ

ここで…燕の豆知識ひらめきを紹介したいと思いますexclamation

@燕は冬の間はどこにいるの?

マレー半島、フィリピン、台湾、オーストラリアなどへ一日300キロどんっ(衝撃)を飛行し、越冬をします。
燕の赤ちゃんは常に外敵の蛇やからすに狙われ、海を渡る際に常に危険と隣り合わせです。
生まれてきた燕の生存率は13%だそうですたらーっ(汗)

A燕尾服(えんびふく)ってなあに?

燕尾服(英;Tailcoat)は、男性の夜間の礼服です。裾が燕の尾のようなのでそう呼ばれるそうです。
裾が割れているのは、乗馬の際に鞍(くら)の上でもたつかないためであり、今でも馬場馬術の上級
競技では、燕尾服とトップハット(シルクハット)の着用が規定づけられています。
最近ではノーベル賞ぴかぴか(新しい)の授賞式において、日本人の方が現地の老舗店でレンタルしていることなどが
ニュースで取り上げられていましたねグッド(上向き矢印)

B去年と同じ燕が同じ民家の軒下に巣をつくっているの?

「つばめ」の成鳥は、去年の巣を憶えていて間違いなくその近くに戻ってくるそうです。
そして、壊れていたら修復してもう一度作り直すようです。すごく賢いですよね。

るんるん今年も、無事にりゅうじん枚方から燕が巣立ちます。
来年も元気に戻ってくることを願うばかりでするんるん

りゅうじん訪問看護ステーション枚方 理学療法士 K.Y (⋈◍>◡<◍)。✧♡

posted by りゅうじん訪問看護ステーション枚方 at 13:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: