2017年06月29日

燕さんお帰りなさい!(^^)!

DSC_0003.JPG つばめ.JPG

今年もりゅじん枚方事務所の軒下に、燕(つばめ)の夫婦がやってきました黒ハート
例年に比べ巣づくりが遅れて心配もうやだ〜(悲しい顔)していましたが、夫婦で交代しながら仲良く卵を温め、
無事に雛が産まれました晴れ

ここで…燕の豆知識ひらめきを紹介したいと思いますexclamation

@燕は冬の間はどこにいるの?

マレー半島、フィリピン、台湾、オーストラリアなどへ一日300キロどんっ(衝撃)を飛行し、越冬をします。
燕の赤ちゃんは常に外敵の蛇やからすに狙われ、海を渡る際に常に危険と隣り合わせです。
生まれてきた燕の生存率は13%だそうですたらーっ(汗)

A燕尾服(えんびふく)ってなあに?

燕尾服(英;Tailcoat)は、男性の夜間の礼服です。裾が燕の尾のようなのでそう呼ばれるそうです。
裾が割れているのは、乗馬の際に鞍(くら)の上でもたつかないためであり、今でも馬場馬術の上級
競技では、燕尾服とトップハット(シルクハット)の着用が規定づけられています。
最近ではノーベル賞ぴかぴか(新しい)の授賞式において、日本人の方が現地の老舗店でレンタルしていることなどが
ニュースで取り上げられていましたねグッド(上向き矢印)

B去年と同じ燕が同じ民家の軒下に巣をつくっているの?

「つばめ」の成鳥は、去年の巣を憶えていて間違いなくその近くに戻ってくるそうです。
そして、壊れていたら修復してもう一度作り直すようです。すごく賢いですよね。

るんるん今年も、無事にりゅうじん枚方から燕が巣立ちます。
来年も元気に戻ってくることを願うばかりでするんるん

りゅうじん訪問看護ステーション枚方 理学療法士 K.Y (⋈◍>◡<◍)。✧♡

posted by りゅうじん訪問看護ステーション枚方 at 13:27| Comment(0) | 日記

2017年02月22日

りゅうじん訪問看護ステーション枚方にジムマシーンがやって来ました!!


寒さが増す中、皆様如何お過ごしでしょうか。exclamation&question

りゅうじん訪問看護ステーション枚方にジムマシーンがやって来ましたexclamation×2ぴかぴか(新しい)

1台はランニングマシーンで、もう1台は胸筋と背筋を鍛えるマシーンですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

なかなか本格的なマシーンですので、扱うにはかなりの体力が必要となりますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

実はこのマシーンは会長のご自宅にあった物で、休日にダイキの方々が運んで来て下さいました。

お休みのところ有難うございました。<(_ _)>

先日、新人研修で社長がお見えになりランニングマシーンを試されたところをカメラパシャリと撮影させて頂きました。るんるんかわいい


2月20日社長Aimage2.JPG   2月20日社長image1.JPG   IMG_1497.JPG マシーン.JPG


1月に社長によるリンパマッサージ研修を受けてからはスタッフ同士お互いに試し合い、自分の体のマッサージもしながら

日々、スキルアップを図っています。利用者様にも好評だそうです手(チョキ)リンパマッサージ研修を有難うございました。

皆様、お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいませるんるんるんるん

りゅうじん訪問看護ステーション枚方 事務 T・K でした わーい(嬉しい顔)手(パー)


posted by りゅうじん訪問看護ステーション枚方 at 15:56| Comment(0) | 日記

2016年06月21日

Wさん58歳おめでとうございます

バースデー HAPPY BIRTHDAY 58th バースデー
りゅうじん枚方のご利用者様のWさんです。
c4beeb36-07c5-477f-954a-8bedc3cb5255.jpg


この度、6月に58歳のお誕生日を迎えられ、りゅうじん枚方よりささやかなお祝いプレゼントをお渡しさせていただきました。
その時に撮らせていただいたのが上記の写真ですカメラ(素敵な笑顔わーい(嬉しい顔)
Wさんはどんな看護やリハビリをさせていただいても『ありがとうexclamation』と言って下さり、いつも訪問を終えて帰る時には『気を付けてねるんるん』と最後まで手を振って手(パー)送り出してくれますぴかぴか(新しい)
“病気になっても優しさを忘れない”Wさんは、本当に素敵な心揺れるハートの持ち主で、りゅうじん枚方のスタッフはいつもその笑顔わーい(嬉しい顔)晴れに癒されています手(チョキ)
これからも、りゅうじん枚方のスタッフが少しでもお手伝いをさせていただけたらなと思っています黒ハート


posted by りゅうじん訪問看護ステーション枚方 at 18:01| Comment(0) | 日記